国分寺から平山キャンプ場への旅(ライブ鑑賞編)


平山キャンプ場で開催されたジャンゴ東京フェスティバル 。楽しんでまいりました。

私にとってジプシージャズとは。

ジャンゴラインハルトのCDは愛聴しています。YouTubeでもジプシージャズを採り上げているチャンネルがあり、お仕事の時のお供で良くBGMで聴いておりました。

そんな中、上尾のチコチコさんでジプシージャズのライブがあると聞き、お伺いしたのが1年ぐらい前。その時が初めての生ジプシーでした。その時にギターを弾いていたのが、今回のイベントの主催者であります。

チャンスがあれば、もっとジプシージャズに触れたいと思っていましたが、そうはチャンスって訪れないと思っていたところに、今回のフェス。

軽キャンも手に入れて、お泊りがしやすい環境が整っていたので、ぽちっと参加してきました。チャンス到来です。

会場は、屋根のあるオープンスペース。雨の心配もありましたが、よっぽどのことがない限り、イベント中止はなさそう。

ゆっくりと人が集まり、数人揃えばそこでセッションがはじまる。ズッチャズッチャとジプシージャズ特有のリズムが聴こえ、ナチュナルマイナーなフレーズが流れる。とても心地よい。

しかし、なにが残念だって、私が参加できない事(笑)

セッションありと告知してあったので、気軽に参加できるものだろうと思っておりました。貸し出し用のギターなんてあるかなぁと思っていたのが甘かった。

自分のギターを持ってくるべき。よくよく考えればわかることなんだけどね。ライブバーとかのセッションと混同してました。

出演者は、東京、横浜、広島そして北海道から集まっていて、まさに全国レベルのイベントでした。

聴いている方も食事やお酒を楽しみながら、音楽を聴く。もちろん、盛り上がるところは盛り上がりますが、「しっかりと聴く」という大人な雰囲気。嫌いじゃない。いや、むしろ好き。

ゆっくりと音楽を楽しむ。この姿勢が良い。

演奏だけでなく、歌も踊りもある。ダンスっていいね。それだけで華やかだ。バリエーションある演目で、聴くだけでなく、観る楽しみもありました。

日が落ちてくると、キャンプファイヤーにも火がともり、いよいよイベントも佳境に入ってきます。出演者の熱が上がるのは当然として、聴いているお客さんも気分が高揚してくる。実際、私自身も高揚しておりました。

炎は良い。熱い音楽に合いますね。

キャンプファイヤーの木が崩れるころ。私の酔いも限界が来たようです。火遊びをするとおねしょしちゃうからね。 もっと聴きたいと思いつつ寝床へ。お酒の飲み過ぎにも注意をしないと。

翌朝。

キャンプファイヤーの火は夜通し燃やされ、徹夜組はセッションをしておりました。その体力というか、これも音楽愛なのかなぁ。感心するばかり。アコーディオンの音色が心地よい。

そして、その徹夜組のセッションを聴いて、やはり、ギターを持ってきていないことを反省する朝なのでした。

帰り道。ジャンゴラインハルトのマイナースイングを大音量で聴いて、奥多摩湖の横を通り抜けたのは言うまでもありません。

次回、参加する時はギターを背負っていくことを心に誓うのでした。

コメントを残す