気持ちよく演奏すると、男二人、飲み屋で5時間語り合える


なにを言っているのかわからない標題だと思います(笑)まあ、そのままと言えばそのままの話です。

ライブの詳細は書けないのですが、いま流行りの反社でも、闇営業でもありません(笑)知人からの依頼があって、さいたま新都心「楽園」のマスターである酒楽さんとお座敷ライブをしてきました。

前日の楽園スペシャルナイト前に、この日のリハをし、当日もカラオケに入ってリハをしたわけなんですけど。いくらリハを重ねても不安要素が多い。

普段、酒楽さんが歌っている歌ならば、曲自体が完成されているから、私も歌の間に飛び込んでオブリを入れていけば、それなりに聴ける演奏になる。

今までのライブもそんな感じで行ってきていたので、酔いと勢いに任せて(笑)弾きまくっていればなんとかなった。

しかしながら、今回は依頼者サイドからのリクエストがあって不慣れな曲が多い。酒楽さんも「童謡ってどうよ?」って、あぐねている感じ。親父ギャグのキレも悪い(笑)

実際、演奏がはじまるとなんてことはない。皆さん、一緒に参加したかった。一緒に歌いたかった。それだけ。

窓口になってくれたNさんも、そのあたりがわかった上でのリクエストだったんだと気がつかされました。

「音楽は、音を楽しむ」

その後、酔っ払った酒楽さんが口にするセリフなのですが、まさにそれ。皆さん、参加して音楽を楽しみたい。

どうしても、自分の表現とか、自分たちの世界観がどうのこうのとかと、やっていることが多いので、音楽を楽しむという基本的な事を忘れちまいがち。

小さなお座敷ライブでしたが、多くの事を勉強させてもらいました。

私の胸元も大きく開けております(笑)あとで気がつきました。第3ボタンまで外しているという。どんだけやる気なんだ(笑)

不安からの解放。気持ち良い演奏が終わったのち、知り合いのお店で5時間ほど語り合ったという。男二人の一日でございました。

コメントを残す