残響の源

ちょっとしたことがきっかけで、自分の中にある価値観が、ぎゅるりと変わる事ってありますよね。

エレキギターを弾いていた頃は、エフェクター一つ一つにこだわりがあって、自分なりのエフェクターボードを組み立てていました。

今は、アコギやガットギターを多く弾きます。その変化から、エフェクターは二の次三の次と後回しになっていき、最終的にPAにお任せするという、ある意味「暴挙」。音色管理の放棄に至っていたわけです。

「暴挙」とは言い過ぎかな。PAにお任せすることは、今でも「間違いではない」と思っております。

しかし、「ちょっとしたきっかけ」がありましたから。自分のギターの音ぐらい、ちゃんと管理しようと、自分の中にある価値観が、ぎゅるりとしたわけです。

ガットギターに必要なエフェクターっていろいろあります。私的には、リバーブが最初に必要だと判断しました。で、購入したのが、Carl MartinのHEADROOM

購入の決め手は、スプリングを内蔵しているところ。このエフェクターの最大の特徴であると言えます。つまり、デジタルではない。アナログリバーブなのです。

2018-11-10 14.04.55

中には、3本の長いスプリングが中央にあり、それらが宙に浮くよう小さいスプリングで引っ張っている。

買って早々、分解するのもどうかと思いますが、購入の決め手となったスプリングを見ておきたかった。ここが残響の源なのです。

2018-11-10 14.09.50

また、スプリングが宙に浮いている状態になりますから、運搬中はストッパーでスプリングを固定します。このひと手間が、なんとも言えないアナログ感(笑)。デジタルでは味わえませんね。萌えどころです。

さらに、2チャンネルのリバーブが搭載されていて、スイッチひとつで切り替えが可能なところも、このエフェクターの特筆すべき点だと思います。

2チャンネルあれば、常にリバーブをかけつつ、ここぞという時に深めにリバーブをかけることが出来る。そういうシーンの切替も可能になります。

そして、肝心な音について。

スプリングリバーブというと、ベンチャーズのようなピチャピチャ音を求める方も多いでしょう。

例えば、ダンエレクトロのSPRING KING DSR-1なんかは、同じスプリング機能を搭載していて、ピチャピチャ音が得意なリバーブです。

しかし、HEADROOMは、どちらかというと、そういうピチャピチャ音は不得手です。誤解を恐れず言うとすれば、基本的にはスプリングリバーブの音なのですが、それでも「上品なリバーブ」がかかる。

また、音痩せが少ない。というか、ほどんと感じません。そういう意味では「上質な音」のようにも思うのです。

数あるアナログリバーブの中で、このHEADROOMを、選んだ理由は、その「上品で上質な音」にあります。ガットギターに合うリバーブという視点から、私はこのエフェクター一択でした。

イマイチな点もあります。

チャンネルを切り替える際、手荒に扱うと「ガチャ」とノイズが入ります。この辺りは、使い方になれる必要があります。あとは構造上、仕方がない事ですが、図体が大きいところ。

2018-11-10 13.59.57

さて、ガットギター用のエフェクターボードの組むにあたって、まずはリバーブを手にしました。他にも購入予定のエフェクターがいくつかあります。

とはいえ、予算の都合もありますから、現在手元にあるMS-50Gで、補完しながら徐々に組んでいきたいと思います。

あ、ちなみに、今回のHEADROOMを購入するために、ZOOMのAD-10は売却しました(;^_^A

1件のコメント

  1. […] リバーブのところでも書きましたが、ただいま、ガットギター用にエフェクターボードを組んでおります。まずは必要なエフェクターということで、Carl MartinのHEADROOMというリバーブを購入しました。 […]

コメントを残す