パンツの穴

 

先日、受けた健康診断(受信した日)では、日々の不摂生がたたり、いろいろな数値という数値がレッドゾーン入りしているという結果でした(結果を知った日)。そんな生活を10年近くも続けていたわけだから、保険の契約も住宅ローンの借り換えも上手くいかないのは当然です。

健康って自分や家族が健やかな日々を過ごす大切な要素でありますが、世の中を上手に生きていくのにも必要なアイテムになっているようです。

健康診断の結果では、どうやら私の大腸に異常があるらしい。さらには、精密な検査を受ける必要があるらしい。ということなので、人生初の大腸内視鏡検査というものを受けてきました。

2018-11-06 11.48.30

大腸内視鏡検査とは、お尻の穴(まあ、肛門です)から、内視鏡を入れて目視によって、異常の有無を確認するという検査です。場合によっては細胞を切り取って、さらに詳しい検査へと移ります。

私のお尻の穴は、今までに異物の混入を受けれたことがなく、男でありながらロストバージンということになるわけですが、まあ、歳も歳ですし、そういう事も受け入れなきゃいけない年齢になったんだと、明るい太陽が急に眩しく見えたりするわけです。

2018-11-06 07.28.06

まず、準備段階として、腸内の洗浄を行います。前日の夜から食べ物の摂取は禁止され、朝からは2時間ほどかけて、モビプレップという膣口腸管洗浄剤を飲みます。

スポーツ飲料をもっと塩辛くしたような味。嫌いな味ではないので飲みやすい。しかし、これを飲み続けるのはちょっと辛い。塩味が飽きてくる。

1リットルちかく飲むと便意を催してくるようで、そこから先はトイレから離れられなくなりました。でも、思ったよりもきつい作業ではなく、一時でも腸内が綺麗になるならば、一年に一回ぐらいはやっても良いかなと思ったほど。

Processed with Focos

事前準備が出来たら、病院に出向き、検査を受ける事になります。受付をすませ、軽い問診を受けてからの検査です。

はじめに、検査着に着替えます。パンツに穴がある。。。

男にとって、前に穴が開いているパンツは、日常的に履いており、何の抵抗もありません。しかし、お尻に穴が開いているパンツ。これには違和感がある。今から私のお尻にカメラが入るわけですから、穴ぐらい開いている。脳で理解してはいても、違和感がある。

でも、あれですね。前のシンボルは、いくら見られても恥ずかしくない(いや、恥ずかしいけど覚悟はできる。銭湯とかあるし)が、お尻の穴って恥ずかしいね。なんか、そのパンツの穴を見てて、改めてそのことを知りました、、、尻だけに。(笑)

2018-11-06 14.51.58

検査台に横になり、点滴を刺し、血圧を測る。そして、静脈麻酔がかけられたところで、意識を失う。次に意識が戻った時は、ベッドの上でした。検査後、ベッドに移されたようです。

医者曰く、カメラ挿入時、多少入りづらかった。お腹は痛くありませんか?と。

麻酔をかけられていたので、記憶は定かじゃありまんが、酷い苦痛を受けた夢?を見たような。なにかに我慢が出来なくて体を硬直させたような。そんな夢。

それなりに大変な検査だったのだろうと予想は出来ても、それは夢の話。麻酔をかけてもらって良かったと思うと同時に、無事検査が終わった事にも安堵しました。

Processed with Focos

さて、肝心な検査の結果ですが、私の腸がほぼほぼきれいな状態のようです。しかし、一か所ポリープがありました。ポリープというものを初めてみましたが、キノコのような形をしています。

そのポリープの細胞を切り取り、その細胞を分析してから、今後のスケジュールが決まるようです。

まあ、ポリープの一つぐらい出てくるだとうと思っていたので、さほどショックはありませんが、帰宅後早々、加入している生命保険の内容を確認したのは言わずものがな(笑)

1件のコメント

コメントを残す