弦の張り替え

ライブの前の儀式になります。弦の張り替え。ガット弦の場合はチューニングが安定するまでに1日~2日ぐらいかかるので、今ぐらいから替えておくと週末には丁度良い。

Processed with Focos

最近は、D’AddarioのEJ45をよく使います。以前はガット弦特有のペナペナ感が苦手でハードテンションのものを使用していました。でも、ガットギターの弾き方に慣れてくると、ペナペナした感触にもなれ、そのペナペナゆえの音の暴れた感じが気持ち良くなってきました。なので、最近はノーマルテンションを好んでます。

2018-10-17 06.10.12

弦の張り方に少しこだわりがあります。上の画像でわかりますか?張っていく順番は6弦から5弦、4弦、3弦、1弦、2弦と張っていきます。で、1弦と2弦は逆に巻くようにしています。次の弦を張る時に、先に張った弦を巻き込みます。テキストだとわかりにくいかな。

これは1弦の抜け防止です。ガット弦を張った事がある方ならお分かりいただけると思いますが、1弦って何気に抜けやすい。過去に抜けた経験があるから、このように巻くようになりました。それ以降、弦が抜けるトラブルはありません。

昨晩、張り替えてまだチューニングは安定していませんが、音がバリっとして弾いていて気持ち良い。この音が持続してくれれば良いのに。ギターの弦は貼った瞬間から劣化がはじまっている。

コメントを残す