インストアライブ

なにが嫌だって言うと、例えば車を運転して人のライブを聴きに行くとかね。あとは、そこの会場が駅から遠くて、電車で行くことが出来ないとかね。まあ、なんにせよ。いい音楽を聴くのに酒も呑めないってのが嫌なわけですよ。

でも、それを差し置いても、今日は知り合いがやっているインストアライブに行って、遊んできました。そんなノンアルコールな とんくら でございます(笑)

2018-10-14 11.45.24-2.jpg

インストアライブって、とても大変だと思うのです。私も以前は、いろいろインストアライブの企画を立て、運営しました。

運営側からすると、機材の手配やら、天候の心配。演者の演奏力も時には心配したりして(笑)いろいろ考え、心配し、胃がキリキリとしたりする。そういう事だと思うのです。

それは、音楽の好き嫌いにかかわらず、いろいろな人がそのステージの音に接する。当然と言えば当然の配慮。そのショッピングモールのイメージもあるわけだし。音量の苦情とか。演奏レベルの苦情とか。酔っ払いはNGとか(笑)

2018-10-14 14.54.15 (2).jpg

今回のインストアライブ。出演者皆さん素敵でした。特に、ライブを積み上げてきた人たちの演奏やパフォーマンスが素晴らしい。それは聴いていて安心するし、説得力がある。空に溶け込むような演奏が心地よい。

今日のお目当ての彼らも、ちょっとしたトラブルがあっても、笑顔と軽いやり取りで「ステージの上でのちょっとしたハプニング」としてやり過ごす。簡単そうでいて、簡単じゃなかったりするんですよね。これって。場数?ステージ度胸?なんにしても、いろいろ経験しないと出来ることじゃない。

2018-10-14 12.07.18.jpg

私は演者側ではないので、カメラを片手に良質な音楽を楽しんでおりました。一瞬の光を捉えて、一瞬の表情を捉えて、シャッターを切る。写真はドキュメンタリーです。その場の空気感を切り取れることが楽しい。演者側では味わえない楽しさを、十分満喫させていただきました。

2018-10-14 17.47.00.jpg

そんな楽しい時間なのに、気持ちよく酔えるお酒がない寂しさ。美味い酒を呑ませてよ。いい音楽を聴くのに酒も呑めないってのが嫌なわけです。

コメントを残す