弦の張り替え

今夜、ギターを弾くので、昨夜、アコギの弦を張り替えました。ギターの弦もプライヤーごとにこだわりがある個所だと思います。自分の指に触れる個所だし、音を発する要ですからね。私もいくつかの弦を使ってみて、辿り着いたのがElixirのカスタムライト011-052でした。

2018-09-20 18.55.32

非コーティング弦からすると数倍の値段がするので、ライブの度に非コーティング弦を張り替えた方がリーズナブルだし、弦の鮮度からすると最適だという意見もあると思います。しかし、私の場合、普段はガットギターが中心なので、このアコギの出番は月に1度~2度。弦の張り替えの手間を考えると耐久性のあるElixirの方が楽ちんです。

肝心な音について、最初は少し籠ったように聞こえるかもしれません。今ではこれが標準音になっているので、気にならなくなりました。それより鮮度が落ちにくい音が私には意味があると思ってます。

弦の替え時も悩むところ、弾き方によってはいつまでも切れませんから(笑)私はチューニングが合わなくなってくると張り替えます。チューナーでしっかり音を合わせても、なにか微妙に音が合わない。こうなると替え時です。

今は気持ち良い音がなってくれるので、今夜のライブが楽しみだ。酒に負けず(笑)、気持ち良い音に酔いしれたいと思います。

コメントを残す