耳に贅沢なライブ

昨夜は、友人のライブにお出かけ。とても素敵な空間、そして、とても贅沢な音。聴いた後に「素晴らしい音楽をありがとう」と素直に口にしてしまうようなイベントでした。確かに、会場であるお店に行くまでにお酒も飲んでいたから酔いはしていたが、この心地よい酔いはお酒だけじゃない。この空間に酔いしれていたんだと思う。

2018-09-16 21.51.05

自分らが演奏する時って、どうしても盛り上がりが考えてしまって、「聞いてもらう」雰囲気を壊しちゃいがちになる。演奏側と聴き手側の緊張感が薄くなるというのかな。緊張感がなくなると、聴き手側のお客さん同士で話し始めたりする。

演奏中にお客さん同士でお話を始める事は悪い事じゃない。そういう雰囲気に持っていってしまった演奏者側の力量不足なんだな。その空間をしっかりと支配して音を出していかないと、安心して聴いてもらう環境づくりができない。それはプレイだけじゃなく、MCもしかり。

また、会場の選択も考える必要がある。今まで私は食事を提供できないお店では、演奏したくなかった。単純に私自身が演奏前と後に食事をしたかったから。でも、ライブバー的なお店でもしっかりとした演奏や空間の支配力があれば、聴き手側は食事がなくても満足できる。なんだか、そういう基本的な事を教えてくれたイベントでした。

素敵な演奏だったなぁ。良い演奏を聴くと、はやくステージに立ちたくなる(笑)


人気ブログランキング

コメントを残す