私の足元

Hohner G2の画像でもちらちらと写り込んでいますが、エレキを弾く時の私の足元には、ZOOM MS-50Gがあります。

Photo taken with Focos

以前は、コンパクトエフェクターでエフェクターボードを組んでいたこともあったし、もっと多機能のマルチエフェクターも使いました。でも、今はこのZOOM MS-50Gがあれば充分。いや、充分と言い切れないけど、これで出来ないことは求めないというスタンスになりました。

このZOOM MS-50Gは、エフェクターは172種類から選べて、直列繋ぎで6つまで同時使用できる。ラインセレクターの「LineSel」を使えば、ギターソロの瞬時対応も可能。それがコンパクトエフェクター1台の大きさで行えるわけだから、凄いの一言。旅を前提にする機材としては、最適じゃないでしょうか。

空間系のエフェクターの評価は高く、歪みについては、デジタルっぽいという見解もありますが、私はあまり気になりません。そのデジタルっぽい音の硬さが、バンドのデカい音の中でも抜ける感じがして気に入っています。ファームウェアVer3.0から搭載されたオーバードライブ「CentaGold」を好んで使用しています。

欲を言えば、チューナーとタップペダルを独立して使えるようにしてほしかった。それが出来れば完璧です。

1件のコメント

コメントを残す