もうひとつの旅ギター

今週末は、私が実行委員として運営しているイベントの開催日でした。一年に一度、この時期に行われるイベント。これは終わると夏も終わり、秋が訪れる。そういう風物詩的なイベントです。

エレキを弾くのは久々だったりします。音量を出してガツンと弾く。気持ち良い。途中、アドリブを弾く個所がありますが、頭が真っ白になりながらもなんとか弾ききりました。うん、エレキも良い。楽しい。

2018-09-09 21.11.36

今回のギターも旅で使用すつもりです。エレキが必要な時はこっちのギターが出陣することになります。もともとはHohnerのG2がベースになっています。前オーナーが塗装を剥いだようです。木目好きの私には、このルックスがたまらなく好き。

改造も加えています。フロントピックアップをSEYMOUR DUNCANのSPH90-1n Nickelを搭載。リアはギブソンのピックアップです。そして、ハイバイパス仕様にしてあります。フロントはもっさりしがちだけど、少しボリュームを下げると抜けの良いクランチ音になる。それが気に入っています。ロックでもブルースでも弾けるギターですね。

2018-09-09 18.35.39

私にとって音楽は趣味であるが、その復活の機会を与えてくれたお店。友人たちが集まってくる。素敵なお店だ。

コメントを残す